モンスターカレンダー

« 2013年10月 
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ドクターxシーズン2感想。普通にやっぱり面白いですね。

| コメント(0) | トラックバック(0)
ドクターxが視聴率イイですね。 さすが視聴率取れる女優、米倉涼子? 

このドラマ、前作も観ていましたが、最初は一桁台でもおかしくないようなタイトルや雰囲気の第一印象だったんですよね。

でも、面白かったらもったいないので「第一回はダメ元で観てみる」という事で観たらすっげー面白かったのを覚えています。

このドラマは何が面白いって、マンガのような世界観に尽きますよね。 正に「娯楽の為の娯楽」。 

観た後に何も残らない(笑) 水戸黄門や仮面ライダーの舞台が医療なだけといった王道なのでしょうね。

半沢直樹同様、悪と正義がハッキリしていて、悪の組織に立ち向かう正義。 悪をどれだけニクったらしく、強そうに描くか? そしてそれをさらなるパワーでやっつける正義。 サスペンス系も同様で、最後に頭を使って謎を退治するというパターンが王道なのです。

こちらは毎回「凄い医療技術」という明確な必殺技で「そんなの無茶だ!」という施術を成功させるパターン。

ここで本当は「えー!そんな方法で!なるほどー!」と思うのがセオリーなのですが、専門的でよく分かりませんでした。 ミスター味っ子とかの料理系も同様で、「ふふ、実は隠し味にサンマを使ったのです」みたいなのに近いですかね。 よくわかんないけど強いー!みたいな。 

サスペンスだと謎解きがつまらないと「なんだ・・見て損した」とガッカリしますが、ドクターxがそうならないのは、手術シーンがメインではなく、やっぱり悪を退治したいという気持ちを伝道させて、本当に倒せるのか・・?とハラハラさせて
「やったー!上手くいったー!」と安心するからなんでしょうね。 これだけだと普通ーだけど、最後に三田佳子が「釘を刺す」シーンは「だから他より面白い」と思わせるいいフックでしたね。 米倉涼子もキムタク同様どの役やっても米倉涼子だと思うのですが、そもそも彼女がハマる役=恋愛とかじゃなく、ドロドロとした世界に立ち向かう正義 なので視聴率につながりやすいのでしょうね。 あれ、35歳の高校生も法則には当てはまってるけどなんで面白くなかったんだろう


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chaten.pupu.jp/mt-tb.cgi/18

コメントする