モンスターカレンダー

« 2013年10月 
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

独身貴族 第三話 感想

| コメント(0) | トラックバック(0)
独身貴族の第三話観ました。

この回は特に何かストーリーに展開があるわけではなかったのに、かなり面白かったです。 

1話・2話は登場人物紹介や、「つかみ」の為のシンデレラストーリーで盛り上げたり・・と、忙しかったが

第三話はヒューマニズムの要素が強く、主役3人共が魅力的に見え始めてきた。 登場人物を愛する事・共感・憧れ、、これが無くてはドラマは成り立たない。

今回は伊藤英明が魅力的な人物だよっていう回で、仕事が出来る魅力的なエピソードをふんだんに盛り込んで、「後に会社を乗っ取る存在なのではないか?」「兄を貶め入れて姑息な手で北川景子と上手くやろうとしないだろうか?」と深読みさせつつ、

「ヤマタノオロチ?それ俺だよw」

「会社を支えているのはいつだってアニキだ」

という二つのエピソードで視聴者を驚かせ、「すげーーーーーイイ奴じゃん!!」

と、魅力的に感じ、感動するのでした。 まあ兄弟の確執的な物や葛藤・嫉妬は後に出てくるかもしれませんが、このドラマ上、ヒール役になりかねない彼のキャラクターをまずは「好き」「魅力的」にさせたのは素晴らしいと思いました。

三角関係も始まりつつあって、これも凄く丁寧に描かれていますよね。 台本を見つめるだけ=草彅君ちょっと嫉妬? という按配がドラマ好きにはたまらんです。

変に謎を含ませてなくて安心して観られるのも好感が持てるし、北川景子は美しすぎてそれだけでOKだし、大変素晴らしいドラマの一つだと思います。 

中毒性はそこまで無いし、後にDVDで出てたとして友達に「絶対観てよ!」みたいなインパクトもない。 化学調味料を使っていない、通には評価の高いラーメンみたいな感じ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chaten.pupu.jp/mt-tb.cgi/21

コメントする