モンスターカレンダー

« 2013年10月 
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013年10月28日アーカイブ

サマーヌード 2013年7月~の 月9です。 山Pと香里奈が主演で、長澤まさみが特別出演的な立ち位置・脇が戸田恵梨香ちゃん。

なんだかんだ最終話まで毎回観ました。 録画でまとめて飛ばし飛ばし・・というのもありますが、

1話~3話くらいまで観て、あまりにも内容がひどすぎて逆にどんなもんか最後まで観たい。 という、町医者ジャンボのマキダイの演技のような、怖いもの見たさが働くくらいでした。

視聴率はやはり月9ブランド効果もあって、この時間にドラマを見る習慣の人も多いでしょう。 コケたうちには入りますが、1桁にはならず、大ゴケが目立つ程でもなかったようです。 ただし内容は大コケで、ネットでも評価の低さが目立ちます。

舞台は海の家で、景色もよく大ヒットドラマ「ビーチボーイズ」(だっけ)を思い出させる感じで、雰囲気はいいんですよね。 そこでの青春ドラマ、素敵やん。

で、誰もが気づいてる事なんですけどこのドラマにおける主役である山P及び香里奈が全然魅力的に描かれていないんですよね。 全然、共感も感情移入も出来ない。 これぞ、正に致命傷。

山Pは、この町にふらっとあらわれた長澤まさみと付き合って、でも突然いなくなってしまった。 それを3年も待ち続けている健気な男。 山Pのキャラに合わせてクールな性格の設定もあってか、ただただ「うじうじした奴」でしかない。 トレンディードラマの伝家の宝刀、ヒロインとの喧嘩風イチャイチャも、一言一言に何か毒がある・・ 「うわっこいつ本当に最低・・」って思う、後で謝っても取り返しのつかないようなセリフがたまにあるんです。

で、戸田恵梨香ちゃんは山Pの事が10年も好きで、この子だけはまあ魅力的でした。 演者の力量なのかもしれませんが、一人で頑張ってる感じがしましたね。 戸田恵梨香で何とかドラマらしさを保っていました。

で、香里奈はヒロインなのに、序盤全然目立ってないんですね。 結婚式で逃げられた女性っていうだけで、キャラが濃いわけでもなく。 だから、そんな感情移入する程のキャラにもなっていないんです。 薄いんです。

で、戸田恵梨香ちゃんの相手役として「光」って今一押しの若手の子がいるんですけど、この子もただのレンタルビデオ屋で働いてる暗めのお兄さんで気難しい性格っぽいし、全然感情移入出来ない。

後はおちゃらけ君と、愉快な脇役たち。 高橋克典は安定してました。

で、振り返ってみると・・

山Pがウジウジしているエピソードと、戸田恵梨香ちゃんの想いが強いというエピソードが数話続き、こりゃー香里奈は入る余地ないな・・っていう所からスタートしてそれがしばらく続きます。

一途な戸田恵梨香をさらに一途に想う光のエピソードもありつつ、何の展開もなく続きます。

香里奈も結婚相手に逃げられたから、私も忘れるからお前も忘れろよーみたいな。

全体的にウジウジしています。

長澤まさみはなぜ突然姿を消したのか? あたりは知りたいのでまあまだ見ようじゃありませんか。

で、よし忘れよう! → いつもお前がそばにいた!という理由だけで戸田恵梨香と付き合う事を決意します。 山Pの心の変化は特に描かれていないので、「なんだか妥協っぽい感じだな・・大丈夫かな」 と不安でいっぱい。 

で、なぜかこの辺で突然、香里奈が山Pにキュンとしとる!! え!? 今までそんな前フリあった!? 何で!?

ここがこのドラマの一番の肝です。 なんか分からんけど香里奈が惚れとる!? いや、もっと好きになるようなエピソード入れようよ!!

妥協して流されて戸田恵梨香に告白するかなーという場面で長澤まさみが登場して「つづく!」やっとドラマっぽくなってきた。

で、長澤まさみは元カレから連絡があったから東京帰ったみたい・・ で結婚するんだって。

で、戸田恵梨香はそろそろいらないので、「私から諦めまーす!」と10年の想いに終止符を打つ。 なんでやねん!そんな想いだったんかい!!

で、山Pはフリーになる。

そして、遠距離で電話してるうちに・・・香里奈の事好きだ! 山Pの事好き! まあフリー同士だし普通にあるよね。

そもそも三角関係じゃなかったし。 

そもそも10代じゃない、メインキャストの4人がアラサーで全員就職活動て。

改めて思い返しても伝説級のストーリーですね。 何も考えずに毎週締め切りに追われながら書いてたのかな。 謎だ・・・謎すぎる!