モンスターカレンダー

« 2013年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
「「次長課長」河本はなぜ許してもらえない?」というヤフーニュースで取り上げられた記事を読んでまたバカなこと言ってるな、と思った。

それは「ネット住民」という言葉を使って、ネットの世界の人と一般の人を分けているという事だ。

河本自身もこの騒動の時に、大したことじゃないのにネット住民が騒ぎ立てるせいで苛められた というような表現をしていた。

インターネットを普段あまりしない人は違和感がないのかもしれないが、私はたまに見かけるこの表現にかなり違和感がある。 

ネットをする人もテレビは見るし、ごく普通の一般人で思想が偏っているわけではないからだ。

ネットの声=普通に国民の声 といっても良いと思うが、それがどうにも業界の人は未だにその感覚がないらしい。 そしてテレビを観てCMを観るのが国民=ネット住民という意識がなくネット住民は別の民族だと勘違いしているのだ。

そもそもネット住民が別物なら河本がテレビに出ようが興味がないはずだ。 

そもそも河本へのバッシングが強いのは生活保護受給金=国の金=国民の金・・と、皆に直結しているからだ。 法に触れて麻薬を所持していたのよりも怒りが強かったのだ。

最初に週刊誌かなんかが取り上げて、テレビでは報道しなかったからネット上でだけ広まった。 だからネット住民が騒いだ。 ただそれだけ。 ネットをしない人が怒らなかったのは「知らなかったから」だ。

ネットをする人もしない人も、声が届かなければ届くようにもっと大きな声で叫ぶ。 

せっかく観たい番組に嫌いな人が出ていたら不愉快な気持ちになるのはネットをする人もしない人も同じだ。

テレビ番組って国民の娯楽なんですよ。 楽しみの一つなんです。 別に冠番組だけをやってるなら「見なきゃいい」の理屈でOKなんですけど、楽しみにしている番組にちょこっとだけ現れるポジションだからやっかいなんですよ。

皆思うんです。 なんで「わざわざ」起用するの?と。 もちろんいい仕事をするからってのは分かります。 番組を見てる人が分かりづらそうなトークがあったらちょっと解説っぽいガヤを入れたり、誰かがスベったら助け舟を出したり、それなりにいたら助かる人材なのでしょう。 

でもそれ以前に「いるだけで番組が成立しない」のではそんな細かいプラスよりもマイナスの方が大きい。

番組制作サイドの立場なら「使ってあげたい」「急に手のひら返すのは仁義に反する」というのも分かります。 むしろテレビに出続けている理由は、これしかないでしょう。

でも、芸能界ってめちゃめちゃ稼げるボロい世界なんですよ。 何でかというと国民全体を商売にしているから。 それを成り立たせるためには「観たい」と思う番組を提供しなくてはならない。 

芸能界側の人は、ちょっとの失敗で人生狂っちゃうなんてアリ!?って思うかもしれないが、テレビの世界ってのは国民からすれば、何か特別な芸がある人だけが立てるスターの舞台 なのだ。 もちろん「あいつは芸がないけど運が良かった」という風な冷静な見方もしているが、誰もが働いてお金を稼いで生活しているわけで、それでもテレビでご飯食べて笑ってるだけの人が大金を稼ぐのを観て「良し」としているのだ。 じゃあ、それを「良し」とするのにそれくらいのハードルがあってしかるべきなのではないだろうか?

それを全然わかっていない。 別に河本が普通に就職して普通に生活をしているなら誰も文句は言わないだろう。 でもテレビはスターが出るものだろ?と皆は言っているのだ。

リーガルハイがやってなくて、フジテレビの歌謡祭を途中から観だしたら最後まで観てしまった。 

その中で、SMAP中居君が楽曲提供したという、キスマイ後ろ4人組のユニット「BUSAIKU」?「舞祭組」?よく分からんけど、「棚からぼたもち」という曲の破壊力がハンパなかった。

振付けは誰がしたんだろう? パフュームを観た時と同じ衝撃を誰もが受けたのではないだろうか? 氣志團を小さなライブハウスで観た時は・・あ、これはもっと衝撃的だったか。 はるな愛とかキンタローを初めて観た時の衝撃にも近い。 

とにかく「また観たくなって」YOUTUBEで探してしまったくらいなのだ。 

コンセプトが無茶苦茶よくてブレイク間違いなしだと思う。 音楽産業的にもの凄く優れてる。 完全に中居君のアイデア・プロデュースなら本当尊敬するわー。 

「羞恥心」がヒットした時のカンジにも近いんだけど、あれはたまたま「シブガキ隊」のコンセプトそのものを今やるっていうのが新鮮だっただけで、本当「たまたま」だと思うんですよね。 実際その後ウィンクぽいのとか青春パンクみたいなのとか立て続けに寒かったし。

舞祭組に関しては「踊り」が見所で、それを今までの積み重ねがある人たち(多分だけどジャニーズって踊りの練習を一生懸命やってきた人たちだろうから)がやるから説得力があるんですよね。

すげー衝撃を受けました。 

これは爆発的なヒットをすると思う。

追記:YOUTUBEだとすぐ消されるようでなかなか出てこなかったが、やっとデイリーモーション等ではアップされ始めた。 こういうのはインパクト・口コミでブレイクするものなのだからネットでバンバン流せばいいのに。 まったく分かってないな。 まあジャニーズだから昔ながらの風習でそういうのはとことん厳しいのか。
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="http://www.dailymotion.com/embed/video/x17zj05"></iframe><br /><a href="http://www.dailymotion.com/video/x17zj05_fns%E6%AD%8C%E8%AC%A1%E7%A5%AD-%E6%A3%9A%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%BC%E3%81%9F%E3%82%82%E3%81%A1-%E4%B8%AD%E5%B1%85%E6%AD%A3%E5%BA%83-%E8%88%9E%E7%A5%AD%E7%B5%84-%EF%BE%8C%EF%BE%99hd_shortfilms" target="_blank">[FNS歌謡祭] 棚からぼたもち 中居正広 &times; 舞祭組...</a> <i>投稿者 <a href="http://www.dailymotion.com/royalmaron" target="_blank">royalmaron</a></i>
バラエティーで最近気になるのが、芸能界の重鎮がよくバラエティで復活している件。 例を挙げると・・うーん大鶴義丹とか? パっと出てこないのは皆が平均的に露出してるからかな。 特に有吉が好きで観てるから、そう思うのかもしれない。 ゴールデンタイムの冠番組と、有吉反省会のどちらも救済番組だもんね。

有吉反省会を見て、最初はダウンタウンDXで浜ちゃんが大物にバシバシ突っ込むのが新鮮で面白かったので、それと同じ路線を狙ったものかな?と思ったけど、あれは本当にゲストがお金払ってプロモーションしに来てるような番組だな、まあ面白からいいけど。っていうのが感想。

それで、そういえばテレビ番組全体的に「最近見かけなくなったあの人」がよく出演しているなーと気づいたのだ。

もちろん、テレビ慣れしていてスキルがある上にギャラも下がって単純に使いやすいのかもしれない。

でも、なんとなく例えばスポーツ選手のような寿命が短い職業ではなく、寿命の長い職業にしていこうよ。 助け合っていこうよ。 という風潮にも思えるのだ。 自分たちが年を取っても、そういう風潮を作っておけば下の者がそれなりに使ってくれる。

でもダウンタウンDXの浜ちゃんはガチで口が悪い事を言って相手を面白くする技量があるから面白いけど、有吉・淳はとにかく相手を持ち上げるから面白くないしこの風潮が気持ち悪く感じる。 ちなみにこの二人を例に出したのはこの二人の番組ばかり好きで見ているからです。
リーガルハイ 第5話とか6話の感想。 今期ダントツに毎週楽しみなドラマなので毎週見ている。

第六話は鈴木保奈美が多夫1妻性がどうのこうのって話でしたっけ。 相変わらず突拍子もない案件を、倫理的に逆の方の弁護につくというパターンで成立していてよかった。 まあ裁判自体はそんな面白くなかったですけどね。

最後の堺雅人が「大奥」ばりのマジ顔でクビを告げた時のガッキーの表情がすんごいよかった。 すげーその表情に心揺さぶられた。 ガッキーは華があるから演技はどうでもいい系の人かと思ってたけど、ひょっとして凄くいい女優さんになったのかも?? この回はとにかくこのシーンが良かったので万事OK。しかも続きが見たくなるしね。
安堂ロイド・・感情のプログラムがどうのこうのと理屈を言い出した。 遅い。 最初から感情ありきの恋愛SFで突っ走ればよかったのに。 それかGANTZのようなぶっとんだSFの世界観で魅せるかどっちかでしょ。(映画は観てない。マンガの話)予算が無いからできない?じゃあ、最初からやらなきゃいいじゃんて話で。 

第五話のサプリのくだりがひどすぎる。 テレビの前のみんなは「サ・・サプリーーーーー!!!!」と涙したのだろうか? 誰もが「お、おう・・」ってなったんじゃなかろうか? これまでのサプリとの絡みのシーンが少なすぎて全然感情移入出来ないよ・・ こういのってマンガやアニメなら、第56話くらいにやって「うおおおお・・」ってなるやつじゃないの?

アクションシーンは普通に殴り合う・銃を使うというものであんまりSF感が無いし、宇宙刑事ギャバンとか仮面ライダーなどの子供向けの特撮ヒーローもののような空気感が漂ってきましたね。 

で、昨日が第六話だった。 もうあんまり集中して観ていないのだけど昨日は若干だけ脳の情報がどうのこうの・・とSFちっくな話・理屈が進んでたように思える。 でももう何がしたいのか分からないドラマに成り下がってしまった以上、それもどうでもいい話に感じてしまう。

第六話では実はハッキングで(?)妹が両親を殺してたり、兄にコンプレックスを持っているといった描写が突然出てきて、それは大変よかった。 そこには第一話で期待したような「刺激」があるんですよね。 これはパンチが効いてる。

でもその重要な立ち位置に大島優子が配置されているので、これまた安っぽさが助長されて残念。 演技が大げさで独特のクサさがある。 これが低年齢層向け・アニメ寄りの番組なら逆にハマっているのだけどね。 キムタク・柴咲コウチームとの絶対的な壁を感じてしまう。 

とにかく、全体的にちぐはぐでまとまってない。

海の上の診療所 感想

| コメント(0) | トラックバック(0)
フジの月9 海の上の診療所 第一話~今第4話くらいなのかな? 全体的な感想です。

主役は松田翔太君で、ドクターコトー・ミーツ・現代版の「寅さん」というコンセプト。 離島でいろんなマドンナに恋をして失恋をするというヒューマンドラマ。

第一話から多少観てはいましたが、全部見るのがしんどく観るのをやめてしまいました。 なので面白い回があるかもしれないしぼんやりした感想ですが・・

1話完結で、まずストーリーは全然面白くないです。 離島の方の景色が綺麗なドラマなのであまり波風立てずに「ほのぼの」「のんびり」というのがテーマの中にあるのかもしれません。

医療系でどうせお涙頂戴でしょ・・と思ったら、医療の細かい描写がほとんど無いのも「あえて」でしょう。

その視聴者に媚びない要素は褒められるべきではありますが、それは「それでも面白い」場合に限るわけであって、海の家の診療所の場合、「で?」というのが私の第一印象でした。

サザエさんとかちびまる子ちゃんのような国民的ドラマになり得る可能性もあるコンセプト。 そのためにはキャラが立っていなくてはいけない。 愛すべきキャラばかりで、「会いたい」という気持ちでチャンネルを回すような。

細かい点でいえば、

あまちゃんキャスト・要素をふんだんに盛り込んでいるのに、すべてが取ってつけたような感じになっているのが痛い。

藤原紀香の関西弁が浮いている。 普段関西弁だから本当は自然なはずなのに不自然。

などがネット上ではささやかれているが、

なによりもいろんなエピソードから登場人物の人となりが見えてきて共感出来たり好きになったりするのだけど、それが全然足りない。 これはサマーヌードの時と同じで、1人1人の人間のエピソードや感情の描写が全然足りないんですよね。 ドクターxや半沢直樹のように敵がいてやっつけてスッキリというような爽快で分かりやすいドラマへのアンチテーゼ・挑戦なのだとしたら感情移入出来るようなエピソード・もしくは離島ならではの社会的問題提示など? もしくは主人公の独特の哲学とか? 何かフックが無いと誰も引っかからないと思う。 

多分、アンチテーゼとかそういうのも考えてなくて、単純に古畑任三郎のヒットは毎回豪華ゲストが出て来たからだ→そうだ!寅さん方式にしたら毎回美女呼べるじゃん! 新しくね!?はい、作ってー・・

で、後は各担当に任せちゃって、いろんな人が疑問を抱きながらそれぞれがなんとなーく作ったのかな? と思える内容でした。


独身貴族 第四話 感想。 ベタベタなシンデレラストーリーだけど、きちんと(?)作られているから普通に面白くて前回は結構ベタ褒めしたドラマ。

今回はベタベタ過ぎてちょっと引いちゃいましたね・・ 

三角関係が回を追うごとにちょっとずつ進行していく作りは王道で良いのですが、

ドレスが無い→豪華なドレスに着せ替えキター! もう、これはお決まりなんですかね? よく恥ずかしげもなくやるよなーと男の私は思うのですが女子は「それがいいんじゃん」となるのでしょうか

クライマックスは騙されて部屋に連れ込まれてしまった姫を手を引っ張って助け出す王子様。 靴が片っぽ脱げちゃった「あはははー」という、今回はこっぱずかしい回でした。

おまけに、お世話になった二人を招待する為の席の開け方も無理やりでどう考えても北川景子が悪いし、

その二人が「チケット5万枚!」みたいな、庭の掃除してたおじいちゃんが実は師範代だったみたいなやつもあり、

ドラマというよりは少女漫画すぎる回でした。 この後どうなるのか不安です。


独身貴族 第四話 感想。 ベタベタなシンデレラストーリーだけど、きちんと(?)作られているから普通に面白くて前回は結構ベタ褒めしたドラマ。

今回はベタベタ過ぎてちょっと引いちゃいましたね・・ 

三角関係が回を追うごとにちょっとずつ進行していく作りは王道で良いのですが、

ドレスが無い→豪華なドレスに着せ替えキター! もう、これはお決まりなんですかね? よく恥ずかしげもなくやるよなーと男の私は思うのですが女子は「それがいいんじゃん」となるのでしょうか

クライマックスは騙されて部屋に連れ込まれてしまった姫を手を引っ張って助け出す王子様。 靴が片っぽ脱げちゃった「あはははー」という、今回はこっぱずかしい回でした。

おまけに、お世話になった二人を招待する為の席の開け方も無理やりでどう考えても北川景子が悪いし、

その二人が「チケット5万枚!」みたいな、庭の掃除してたおじいちゃんが実は師範代だったみたいなやつもあり、

ドラマというよりは少女漫画すぎる回でした。 この後どうなるのか不安です。


夫の彼女... 専業主婦とOLの体が入れ替わる、鈴木砂羽・川口春奈・田辺誠一によるドラマという、そんなの誰が見るの?というくらい「つまらなさそうー」なドラマ、かつ裏は今期視聴率ナンバーワンの「ドクターx」。

これが王道で第二回も大変面白かった。 第一回目が面白かったから第二回目も観ようと思ったのだ。

既に予告編だけで結末まで見えちゃっていたんですけど、それでもきちんと面白い。きちんと最後まで魅せてくれる。

映画は特にそうだが、ドラマだってストーリーだけが重要なわけではない。 「ゴーイングマイホーム」のように映画寄りで「雰囲気や世界観も楽しむ」というものだと、1時間しかないしCMも挟むのでドラマ向きではなかったのかなと思うし、ドラマ作りにはドラマのノウハウがあるんだと思う。大好きなSABU監督がドラマを撮って放送していたがやっぱりそこまで楽しめなかった。第一話とか最高だったんですけどね。

「夫の彼女」は特別な魅力こそないが、1時間でCMも挟みつつ視聴者を楽しませるという仕事を完璧にこなしていると思う。

前回が、主婦になっちゃったOLがヤンキー物のドラマのように主婦のしがらみや学校でのトラブルにババーンと言いたい事を言って「あーすっきり」という物で、

今回は逆に、OLになっちゃった主婦が、主婦ならではの毎日鍛錬したアレンジ料理の腕で食品開発部の人間をババーンと打ち負かす「あーすっきり」という物だった。

予告編で全部のシーンが濃縮されていたからストーリー云々なら別に見なくてもいいくらいのだけど、もう予告編を観た時点で「楽しそうだから見よう」と思えるのだ。 水戸黄門が毎回同じなのに安定した視聴率を獲得していたのと同じ事だろう。

今回は鈴木福君がよかったですね。 表情のアップだけでちょっと感づいているのかな?とか。 

田辺誠一のキャラも大変いい。 誰もが憧れる旦那像・上司像を、「優しさ・愛情」に特化して描いているから分かりやすい。 男目線で言えば、こんな出来た旦那いないですよ(笑) ストレスをどこにも発散出来てないし。 自宅に招いてピザがどーんと出て来た時の戸惑いながらも優しい対応とか、神ですね。 こういうキャラクターの「対応」をいちいち楽しむのがドラマの醍醐味で、その部分が良く描けていると思うんです。 弁当開けたらプチトマトどーんとか。

今回の料理でババーンと言わせるシーンも、家に大量にあるであろう会社の製品のレトルト食品を毎日アレンジしていたから対応できた。 という点がちゃんと筋が通っていて気持ちいいんですよね。 実際、美味しかったとしても、同じものばかりだと飽きてきちゃうからアレンジするのも頷けるし、結構こういうのって「あるある」なのではないでしょうか?

あ、そういえばこの物語の特徴は2点で、

一つは体が入れ替わる事によって生まれるドラマ。

もう一つが主婦の方は、OLと旦那が恋人同士だと「勘違い」している事によって生まれるコント的面白さ

ですが、勘違いコントの面白さはまだ全然出てきていませんね。 何か受け入れちゃってる節があるし、川口春奈が時々思い出したようにイライラするという・・ この点は叩かれても仕方がない。

第一話・第二話といい流れで来ているので第三話がどうなるか・・ここで「勘違い」の部分の面白さが出ないとダラダラになってしまうかもですね。
安堂ロイド 第三話観ました。

第一話観たときは、SFの要素を押し出した、発想と現代技術の「新感覚」を連続で楽しむドラマなのかな?と思ったらどんどん「フツーー」になってきちゃいましたね。

攻殻機動隊とかエヴァとか、ターミネーター2とか、ピクサーの未来物のアニメとか? 後はティムバートンの映画とか、そういうSF物の魅力って、ストーリー云々じゃなくて、まずは「想像の世界観」をどれだけ魅力的に、独創的に伝えられるか?だと思うんですよね。 ジブリの魅力もまずはこれありきで、まっくろくろすけがさささーーーっと動くオリジナリティと動きのリアリティ?ディティール? よく分からないけど、想像の世界なのだから、初めて観る感動を与えてくれないといけないんです。

第一話の戦闘シーンは結構グっときたんですよね。 地上波のゴールデンタイムドラマにしては暴力要素が高くて刺激的だった。 理屈はどうでもいいから、「え?なにこれ?」の連続で楽しめそうな予感がしていた。

なので、まあ毎回ゲスト的な大物登場人物が出てきて、毎回凄く奇妙な観た事もない変形をしたり技を使って来たりして、それをさらに上回る意外な形で退治するんだろうなーとかぼやっと期待していた。 それだけ聞くと仮面ライダーのように昔からあるものだから、面白くはないのだけど、エヴァで「えーーあれが敵なの!?」と度肝を抜かれたような意外性、SFならではの「なんでもあり」を楽しめればいいわけで、GANTZとか最高ですよね。

第三回では、蹴ったらガツン!ときたところくらいで、敵のアンドロイドをやっつけるシーンも人間ぽく格闘して普通に耳から指ぶっさすだけ。 あ、一応あれか。 小型の蠅を操って人体に送り込むっていうやつだったっけ。 それを忘れるくらい、ここの描写は本当ーーーにおまけ程度で、大島優子がギャンギャン言ってるシーンが多くてしんどかった・・ 言い方は悪いが一言でいうと「しょんべんくさい」。 一人だけ低年齢層向けドラマの子が紛れ込んできてしまった感じで違和感がある。

キムタクも、「変わり者の物理学者」の役の方が思ってたよりハマっていないのが露呈してきた。 髪型やメガネ・スタイルがいいから何やってもカッコよくて、何か合わない。 福山雅治のガリレオは能面で理屈を並べてセリフが多かったのでギャップが大ハマリだったがこっちはあの「グー」をやりだしてからおかしくなってきた。

アンドロイドがキムタクと全く関係ないという設定も感情移入出来なくて気持ち悪い。 最初はベタじゃなくていいなと思ったけど、それなのに要所要所キムタクを思い出させるエピソードとかを盛り込んでくるからやっぱり柴咲コウとの感情の絡みもこのドラマの楽しみの一つなわけで、だったらもう今回くらいからもっと感情の部分を描かないと「結局このドラマは何がしたいの?」と誰もが思っちゃう。

最初から「キムタク」なんだけど、ちょっとロボット要素があるから「おかしなところがある」←ここを楽しむ という路線の方がいろいろ都合がよかったのではないかな。